代表挨拶
代表税理士 木寅 雅之

IMG_7648

私は、10年間東京三菱銀行で法人向け融資業務を担当し様々な経験を経て、その後この会計・税務の業界に入りました。それは決して回り道ではなくむしろプラスだったと考えています。企業にとって資金は、人間でいうと血液と同じです。その資金調達する為には、自分の会社のことをうまく表現しなければならないと考えます。そのひとつに例えば「決算説明」があります。銀行にいた時に感じたのですが、「決算説明」をする企業としない企業とでは印象が相当違います。又、説明を求めた時の対応でも経営者が自社のことをどの程度理解しているかという点で印象が変わってきます。こちらの業界に入って初めて知ったのですが、決算説明の手本となるものが見当たらないというのが現実でした。業界の特殊性やマーケット分析、その会社の強み・弱み、問題点などは本当に経営者の方々の方がよく分かっていらっしゃると思います。そこで私の業務に対する基本スタイルは、財務の数値や傾向を示したうえで「経営者と共に考える」とし、聞き役となってその会話の中から、経営者に様々な「気付き」をしてもらえるよう努力をして参りたいと思います。当事務所では、「かゆいところに手が届く」をモットーに、より一層の創意工夫をもって皆様の期待に応えられるよう努力して参る所存です。